スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド

暖かいですね。暖房なしで職場の気温が20度超えを記録しました。
おかげで風邪が良くなったような気になったので、映画を見に行きました。

『ディパーテッド』
オリジナルの香港版大好きです。
ハリウッド版で、ディカプリオがまず最初にキャスティングされたのは知ってたので、もう1人の主役は誰になるのかと期待してたらマット・ディモンでがっかりした記憶が。
マットファンごめんなさい。でもプリオが出るなら、もう1人は無名の若手を拾い上げてくるもんだと勝手に期待してたんです・・・。
マットが決まったと聞いた時期は、やたらめったらマットが起用されてたorオファーされてた時期で、「またマットか!!若手をもっと育てんか!!!」とつい。
ついでにプリオとマットの役は逆かと思ってました。あはー。


オリジナルファンからは総スカンくらってるエンディングと聞いてほどほどの期待で見たら、私には許容範囲だったなぁ。
もっと最悪なエンディング想像しちゃってた。

マー君素敵だマー君(注:マーク・ウォルバーグのことです)
下品で粗野な役やらせたら光り輝くね!(褒めてます)
中指立てて廊下を歩くとこ最高。
主役なのに誰よりも影が薄かった「ミニミニ大作戦」でファンになったけど、「フォー・ブラザーズ」のジミーとか、こういう役の方が良いよ。
アカデミー助演男優賞ノミネートおめでとう!!
070209.jpg


むかーし昔、マーク・ウォルバーグとマット・デイモンの見分けがつきませんでした・・・・。
それは、プリオとマットが似てると言う人が存在するのが信じられない頃でもありました・・・・。(これは現在進行形)
マー君、ジョージ兄貴とは和解したかえ?
兄貴にくっついて用事も無いのに日本に来てたけど、また日本においでよー。
スポンサーサイト

見た映画

脳のニワトリ化が著しい。
うっかりすると見た映画を端から忘れていくので(それもう病気じゃ?)自分用メモ


『ブラックダリア』
期待はずれ。ヨハンソンの演技がギャグに両足突っ込んでた。
あれにOK出した監督に物申したい。

『プルートで朝食を』
冒頭の「シュガー・ベイビー・ラブ」聞いただけで良いもん見た気になった。私単純すぎ。
主人公のパティが、孤独を感じつつ常に地上30cmで生きてるような軽やかさで憧れる。

『SAW3』
映画館を出た後も、気を抜くと襲ってくる音
グシャァァッボキッバキバキィッベシャァァッ
グシャ:肉が潰れたり引き裂かれたりする音
ボキっバキッ:骨が折れたり砕けたりする音
ベシャ:もうスクリーン見てないから何の音だか
SAW2は楽しめたけど、3観てSAW1が非常に恋しくなった。
「ザッザッ」とノコギリで足切る音が心の底から懐かしくなった。アダム見れて嬉しかったのが唯一の収穫。

『プラダを来た悪魔』
メリル・ストリープの怪演とお洒落な着こなしだけを目当てに観に行ったら、期待以上に楽しめた。
汽車の中で発売前のハリー・ポッターの最新原稿を読むネタに笑った。そう言えばそんな怪事件がありましたね。
実在の人物の名前もポンポン出てくるので、その点でも楽しい。
当然出て来るトム・フォードの名前。(名前だけだけど)
トム・フォードと聞くと思い出すこの表紙。


そして上の表紙とセットで思い出すこのコラ画像


ブッシュ父娘。アメリカ自由すぎ。



アメリカ自由すぎと言えば、『borat』が1位取ってるのが凄い。
borat日本公式サイト
主演の人の今昔。











人は何かを捨ててこそ何かを得るのかも(棒読み)

アームストロング

昨日の写真をよーく見ると、テニス観戦中のメッツェリーも多分はめてるライブストロング。ポドがはめてるのもコレなのかな。
ライブストロングと言えば、ツール・ド・フランスで1999年から2005年まで前人未到の7年連続総合優勝を達成したランス・アームストロング。

以下、今さらネタではありますが。
彼の半生を映画化するんですねー。
アームストロングの大親友のマシュー・マコノヘーが彼の役を演じるかと思いきや、急に2人に大接近のジェイク・ギレンホールが横から掻っ攫っていっちゃったよ。あらー。
最近、見る写真見る写真、常に上半身ハダカのマコノヘーさんは一体どうしちゃったのかと心配してたんですが、ジェイクよりはアームストロング役にあってると思うのだけど。


映画あれこれ

5日の日記で、エレン姉さんがオスカーの司会する日が楽しみとか書いてたら、来年の司会に決定してた。
やったーー!!
今年の授賞式は録るだけ録って見ずにHDDに入れっぱなしだけど、来年はちゃんと見る気起きそう。楽しみだ。



スーパーマンを見に行ったら、「ブラック・ダリア」の予告編が流れてて感動。
エルロイの暗黒のLA四部作の第1作目。
ジョシュ・ハートネットの大ファンなので、彼が出演すると聞いてから作品を読みました。
でも「LAコンフィデンシャル」は、好きな映画3本あげろと言われたら絶対入れる作品です。あんな雰囲気で作られてると良いな。
デ・パルマ監督頼むよ。
確かエルロイが「LAコンフィデンシャル」では果たせなかったカンヌ出品を切望していて、オスカーレースには絡みづらいこの時期の公開になったのよね。
カンヌではスカーレット・ヨハンソンがセクシー過ぎると批判された(んなアホな)らしいけど、個人的には彼女はあの役やるには逞しすぎて残念。ブリタニー・マーフィーとか、痛々しさ出すのが上手い女優さんにやって欲しかったなぁ。
ヒラリー・スワンクもなぁ。もっと色気のある女優さんにやって欲しかったなぁ。
なんてジョシュファンが何言おうが、結局はスカやスワンクが評価されて終わるんだよね、きっと。
最初は批判的だった原作者エルロイが、ジョシュを気に入ったってだけで満足だよもう。

060910-3.jpg
アーロン・エッカートとフリンクスってちょっと似てると思う。




やっと「スーパーマン」見てきました。

大満足。

いやもう多くは語りません。
クラーク・ケントがいたよ!太陽光浴びるスーパーマン最高。
ブライアン・シンガー監督が撮る格闘シーンはエロイなぁ。
何気にゴッサムシティにも現れてるらしいスーパーマン。
分かってらっしゃるブライアン監督。「スーパーマンVSバットマン」実現のあかつきには是非あなたがメガホンを。
一緒に見た友達と「胸板(はぁと)!胸板(はぁと)!!」と呟きながら映画館を出ました。(私たちは真っ当な社会人です)

サイレントヒル

ラダ・ミッチェル目当てで静岡こと「サイレントヒル」を観てきました。
久々に映画館で泣きそうになりましたよ。怖かったと言うより気持ち悪くて
貞子が井戸を這い上がって来るのより、「ブラザーズ・グリム」に出てきた変な物体に「ひぃぃぃ・・・!!!」と鳥肌たてた人には分かって貰えると思います。
キモイよー!(泣)
でも割と慣れます。
映像がいかにもゲームベースでした。

母親役のラダ・ミッチェル。
アメリカでは揺れるおっぱいは母性の象徴と聞いたことがありますが(んなアホな)、そう言えば「ネバーランド」や「ピッチブラック」より気持ち胸が大きかったような。て私はオヤジか。
子役の女の子が大変可愛らしかった。


ホラー映画を観るたびに頭をよぎるこの公式。
(es+u+cs+t) squared +s+ (tl+f)/2 + (a+dr+fs)/n + sin x - 1.
< es = 緊張感を高める音楽 , u = 未知要素 , cs = 主人公らが追われるシーン ,t = 罠にハメられそうな予感 , (squared = 二乗) , s = 衝撃度 , tl = 現実味 , f = 虚構性, a = 主人公の孤独さ , dr = 暗闇かどうか ,fs = 映像の雰囲気 , n = 登場人物数 , sin = 血や内臓 , 1 = ステレオタイプ度 >
es、cs、t、s、dr、sinはかなり高ポイントだと思うけど、どうやって数値化したらいいんだ。

バットマン

ドイツサッカーに浮かれつつも、「スーパーマン」を一緒に見に行ってくれるという可愛い女の子をゲッツしました。
ひゃっほー!愛してる!!
劇場であひゃひゃとなる私を見ても引かないでね。

なんて更に浮かれてる間に「バットマン」の続編「The Dark Knight」が正式にアナンスされてたよ。
ひゃっほー!!!
クリスチャン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンも続投。安心安心。
続編制作は信じてたからあんま驚かなかったけど、ジョーカーがヒース・レジャーなのには顎が落ちそうなくらい驚いたよ。マジっすか。
あんな可愛い子ちゃんがプリン王子を演るのか。
ヒースは大好きな俳優ですが「ロック・ユー」でのワンコのような可愛いイメージ強くて、ビギンズの世界観からはピンと来ないので、何かこう微妙な気持ち。ノーラン監督の手腕に期待だ。
写真追加

"the ear-to-ear smile"にぴったりの口元ってことらしいw
「ブロークバック・マウンテン」で演技力があるのは証明出来たから、もうガールズ・アクター扱いもされない位置にいて伸び伸び演技出来るんだろうけど、今までの出演作から見てアメコミ映画に来るとは思ってなかったよ。子供出来たからってジョニデと同じ道は辿らないでね。
撮影は2007年1月開始。

加えてハーヴェイ・デントにライアン・フィリップの名前も挙がってるそうで。ちょと何このお花畑
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、ライアン・フィリップを同じスクリーンで見れる日が来るかもしれないって、凄いな。
もしライアンがハーヴェイ・デントを演じるなら是非眼鏡着用でお願いしたい。

左がジョーカー役ヒース・レジャー
右がハーヴェイ・デント候補ライアン・フィリップ

の若かりし頃の写真を貼ってみましたが、2人とも基本的にあまり変わってないな。
ヒースは髪が薄くなったけどね・・・・・。


最近見た映画

◆劇場で見た映画
「ウルトラ・ヴァイオレット」

◆家で見た映画
「巨大蛇対決!ボアVSパイソン」
「アナコンダ2」
「ジョーズ 恐怖の12日間」
「クローサー」
「小説家を見つけたら」

アホ映画ばかり見てたら「クローサー」の胸糞悪さにゲップでそうでした。イカンなぁ。
口直しに見た「小説家を見つけたら」はちょっと軽い気もするけど好きな感じ。
アンナ・パキンが一瞬クレア・デインズかと。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。